沿革

1961年 4月 「オオタ椅子店」を現在の所在地で創業。先代(現社長の父 太田銕雄)24歳、大須の裏門前町で修行の後、独立開業し現在に至るまで一途にオーダーメイド椅子製造にこだわり続ける。
1962年 現社長 太田一彦、名古屋市に生まれる。
1977年 8月 「オオタ椅子店」から「株式会社オオタ」に改名し会社法人として設立
1997年 前社長太田銕雄、60歳を期に後継に事業継承し後進の育成に力を注ぐ。世代交代、現社長太田一彦へ。伝統の考え方と現代の考え方を併せ持ち、常に時代と共に呼吸できるしなやかさと、伝統から培った職人技術を結び、社会に貢献できるよう日々健闘。
1998年 3月 太田一彦、国家資格 一級家具技能士 取得。
2004年 10月 オリジナルデザインの家具「家族の椅子」の展開開始。
2005年 1月 ショールーム「家族の椅子」開設。
2005年 3月 愛知万博愛知県館のVIPルームに天皇皇后両陛下をお迎えする椅子を設計、制作、納入。
2007年 4月 書籍「現代日本の家具vol.1」カラー2ページ掲載。
2007年 10月 名古屋モード学園インテリア学科の講師に就任。造形デザイン専科を担当。
名古屋デザイナーズウィーク2007に参加。当ショールームでレセプションパーティーを開催。
2007年 11月 経済産業省主催のコンペに入賞。東京ビッグサイトにて展覧会をする。
2008年 5月 中部経済新聞、記事掲載。
2008年 6月 展覧会「木工家30人展」出展。講演会講師「子育て世代の家作り~家族の暮らしと家具~」
2008年 2008年はメディア露出の当たり年となり、テレビ・新聞・ラジオと立て続けに取材を頂きました。
2009年 7月 香港の地元新聞に「家族の椅子」として記事が掲載され、香港のお客様からもお引き合いを頂く。
2011年 10月 椅子職としては西日本第1号で全国技能士会連合会による全技連マイスターに認定される。
2013年 5月 愛知県職業能力開発協会から技能検定委員の辞令を交付される。
2014年 9月 中部椅子張同業組合の理事長に就任。
全日本椅子張同業組合連合会の常任理事に就任。